無添加住宅とは

無添加住宅って?

image_00-1.jpg

“加えない”という価値。無添加住宅

無添加住宅誕生のきっかけは、体調不良を訴える一人の女性との出会いでした。
わたしたちは、その体調不良の原因が家の中の空気、すなわち化学物質だと推測し(のちにシックハウス症候群と判明)、その原因を排除した家づくりを始めました。

そこでお手本にしたのが、シックハウス症候群のなかった頃の昔の家づくりです。
昔の家は土と木、そして草や紙などで構成され、バランスがとれていました。
その考えを軸に、現代の家づくりに合うよう何度も吟味を重ね、自然素材に徹底的にこだわって完成させたのが「無添加住宅」です。

また、フランスとスペインに挟まれた小さな国「アンドラ公国」を訪れた際に、わたしたちは天然石や漆喰で造られた家の素材とデザインに感銘を受けました。
その家は築300年、400年を経ても美しさを保っていたのです。
その二つの要素が共生した家が無添加住宅。
無添加住宅はただの健康住宅だけでなく、夏や冬も快適で、経年変化が楽しめ、本物にしかない素材感やデザインなどの価値を提供します。
他にはない世界で一つだけの家、それが無添加住宅なのです。


image_01-1.jpg

身体に良くないものは使わない。

無添加住宅は、一般的な「自然素材の家」をはるかに上回る、言わば「超自然素材の家」。漆喰、炭化コルク、天然石、米のり、無垢材、柿渋など、使用する建材は吟味に吟味を重ねました。まるで森の中にいると錯覚してしまうような室内空間です。


image_02-1.jpg

単なる健康住宅ではない、夏も冬も快適な家。

ただ単に自然素材を使うだけでは快適な家にはなりません。夏や冬も心地よく暮らせることで、はじめて快適な住まいが実現します。無添加住宅は独自の工法と本物の自然素材を使うことで、気持ちのよい室内空気環境を叶えています。


image_03-1.jpg

お手入れをするごとに愛着が湧く時を刻む家。

自然素材は、お手入れをするごとに深みのある雰囲気を醸し出し、時が経てば経つほど愛着が湧きます。経年変化による美しさや風合いは、自然素材ならではの唯一無二な付加価値です。


image_04-1.jpg

飽きのこないデザイン、本物の素材と手作りの魅力。

表情豊かな自然素材を使って職人が手作りする家は、世界に一つだけのもの。それは、何世代にもわたって人々が自然素材だけで建てられた家に住み続け、美観が損なわれることなく存在しているフランス南西部にある町のようです。


image_05-1.jpg

子どもと家がともに成長する「はぐくむいえ」。

子どもを健やかに「はぐくむ」、家も手を加えながら経年変化を楽しみつつ「はぐくむ」。この二つの理由は、口に入れてもいいほど身体にやさしい本物の自然素材が、生きているが故に変化し、その過程を楽しめるから。それはアレルギーやアトピー、喘息の方にも安心していただける住まいです。


 

素材について

身体に良くないものは使わない。

無添加住宅には、他の家にはない様々な特長があります。漆喰や炭化コルク、天然石、米のりなど本物の自然素材を使用することによって、永く住まえることや省エネ効果、調湿性能など優れた機能を発揮します。口に入れてもいいほど身体にやさしい自然素材が、生きているが故に変化し、その過程を楽しむこともできる住まいです。

imge_mutenka.jpg

※タイプによって、仕様が異なります。
※掲載の一覧は無添加住宅が供給する資材の一例です。

 

素材一覧

catch_01.jpg

漆喰

サイディングやビニールクロスでは表現できない、自然な風合いと癒しの空間をあなたの住まいに。

あなたが思い描く漆喰の家は...、エーゲ海やプロバンス風?それとも日本の古民家風?
無添加住宅オリジナル漆喰なら、どんなデザインの住まいにもマッチする仕上がり。サイディングやビニールクロスでは表現できない風合いと、健康的な空間が生まれます。新築だけでなくリフォームにも最適な漆喰です。


catch_02.jpg

クールーフ(天然石)

涼しい(クール)屋根(ルーフ)という意味を持つクールーフは、天然石である粘板岩を使用。
街並に映えるデザインにもなります。

クールーフは天然石である粘板岩を使用しています。粘板岩とは、数億年にわたり泥質堆積岩が圧密された地層の地下深くで、地殻変動によってもたらされた高温・高圧によって生じた岩石です。この岩石は板状に加工しやすく、建築材料として古くからヨーロッパなどで屋根材として利用されてきました。数百年もの風雨に耐えて、現在にその美しさを保っているヨーロッパの街並には、欠かすことのできないものとなっています。クールーフはこの石を独自の工法で葺く石の屋根です。


catch_03.jpg

炭化コルク

炭化コルクは商品にならないバージンコルクや、ワイン栓に使うコルクの残りなどを廃棄利用し、蒸し焼きにして炭にしたものです。

炭化コルクはその名の通り、コルク樫の表皮からできています。
そのコルクの粒を型にはめ込み、高温の蒸気加熱と圧力を加えて生産します。コルク自身のヤニで固形化するため接着剤を使用せず、まさに天然コルク100%の断熱材です。その性能はとても優れ、断熱・防音調湿・耐腐食性・防虫性などの優れた性能を持っています。


catch_04.jpg

ウッドファイバー

生産の過程から、環境保全・環境負荷軽減・地球温暖化防止に最大限配慮したエコロジー商品です。

原料は不純物のない北海道産バージンチップを使用。
住む人にも、建てる人にも安心・安全な断熱材です。


catch_05.jpg

米のり

先人たちの知恵を受け継ぐ...天然の接着剤。

無添加住宅は、木材の貼り合わせなどに使うのり(糊)すべてを、手づくりの米のりにしています。昔の大工さんは、朝一番、飯を木板の上で竹ベラでこねるのが仕事だったそうです。実際に米のりの接着力は強く、当社の実験でも木工用ボンドとほぼ同じ強度でした。こうした接着剤で十分な接着効果と健康的な効果が期待できるのです。


catch_06.jpg

無垢材

見ているだけでほっと和む質感。
温かくしっとりと優しい肌触り。
無垢材はナチュラルな暮らしにピッタリな素材です。

自然な環境で育った無垢材の表情は様々です。一本として同じものがないことを、短所ととらえるよりも自然の造形の美しさとしてお考え頂きたいのです。大量生産ではなく、じっくり年月をかけて育ってきた天然材だからこそ、ぬくもりと安らぎを人に与えることができるのです。無添加住宅では、色や硬さ木目にそれぞれの美しさを持つ無垢材を各種取りそろえています。飽きのこない自然の風合いは、プリント合板の製品とは比べ物にはなりません。


catch_07.jpg

柿渋

塗料には柿渋を使用。
その風合いはペンキでは表せません。
時が経つほど、その価値を感じていただけることでしょう。

柿渋は、未熟な渋柿から製造しています。その柿渋を防腐・防カビとして、建具に独特の光沢を出す塗料として使っています。柿渋を塗ったところに太陽の光をあてると、徐々に深い味わいの色味に変化していきます。性能面もさることながら、その風合いはペンキでは現せません。天然素材なので安全な上に、時間が経つほどにその価値を感じていただけることと思います。


catch_08.jpg

サニタリー

森の水辺に居るような心癒されるサニタリー

天然の素材には、人の心を癒す不思議な力があります。その感触は柔らかく温かく、また時にはひんやりと冷たく私たちの身体に応えてくれます。無添加住宅のサニタリーはそんな天然素材を使用したオーダーメイドのサニタリー。まるで森の中の水辺に居るようなやすらぎの空間です。


 

基本仕様

無添加住宅ではお客様のご予算やライフスタイルなど、健康的な住まい方へのご感心度などにあわせて4つのタイプをご用意しております。

Sタイプ(Standard)
無添加住宅推奨標準仕様

天然素材を極力使用し、人体に有害な化学物質を少なくし、シックハウス症候群の方でも快適に住むことが出来る住宅。また、室内環境だけではなく、外観や外壁の仕様についても弊社独自の考え方を取り入れた無添加住宅本部が推奨する仕様。

RSタイプ(Room Standard)
室内を無添加住宅の標準仕様Sタイプと同等仕様

室内環境を無添加住宅の標準仕様Sタイプに近づいた、シックハウス保証(※)物件と同等の住宅。 室内の空気環境だけはこだわりたいという方にお薦めで、新築の家に入られた時の空気感の違いを感じて頂ける仕様。

Cタイプ(Chemical Sensitivity)
化学物質過敏症の方にも対応する仕様

人体に有害な化学物質を極限まで排除し、化学物質過敏症の方でも、住める住宅。石膏ボードすら使用せず、徹底的に天然素材にこだわった仕様です。

イーズタイプ
無添加住宅と代理店の理念を融合させた仕様

無添加素材をふんだんに使いながらも、お客様の好みや予算などに応じながら、屋根材やキッチン、洗面などにメーカー商品を活用した仕様です。

※シックハウス保証とは

無添加住宅が定めた基準で建築された家にご入居されたお客様において、無添加住宅施工代理店からの完成引き渡し後3年以内にシックハウス症候群を発症した場合、株式会社無添加住宅と施工代理店が協力して症状が改善するまでメンテナンス(再工事)を保証するものです。

pagetop