スタッフブログ

人に優しい床材シンゴン2020年9月13日(日)

人に優しい床材シンゴン
徳島県で自然素材を使ってお洒落な健康住宅を建てるなら『無添加住宅正規代理店の四国建設』です。
今日は無添加住宅の無垢の床紹介をします。
「シンゴン」です。
はじめて聞かれる方が多いかと思いますが、シンゴンはマメ科の広葉樹です。
木にはいろいろな個性を持っていて、ヒノキやスギなどには虫やバクテリアといった外敵から身を守るため殺菌・殺虫効果のある天然の化学物質を出しています。
市販されている殺虫剤は、その天然の化学物質に似せた化学式を人工で作り出しています。
ヒノキ・スギが持っている天然毒は健康な人の身体には影響を及ぼしませんが、シックハウス症候群や化学物質過敏症を発症した人には、天然でも、少量でも毒です。
木にはいろいろな個性がある中、シンゴンは自然の化学物質が一番少なく身体に安心な無垢材です。
また木質は軽く、適度な柔らかさと温かさを持ち、色は黄白色で見た目から南洋桐とも呼ばれているとうり桐のような肌触りです。
そして、シンゴンの床材は床暖房がいらないくらい温かいです。
お客様から、冬の床が冷たいので床暖房を検討される方もいるので実験として冷凍庫に左からシンゴン、ウォールナット、ウレタン塗装した無垢材、合板の木質床材(一般的なフローリング)を冷やしてます。
この冷やした床材をいつも触ってもらい、それぞれの床材の個性を見てもらいます。
室温に戻した途端に右側3つは表面結露してしまいますし、触ったらものすごく冷たいですが左端のシンゴンは触っても温かく冷たさを感じません。
シンゴンで張った床は素足で歩いてもらったら、歩き心地や温かさは抜群です。
床暖房いらずで経済的にメリットがあり、有害な化学物質が少ない人に優しい床材のシンゴンオススメですよ。