ブログ

変動金利 固定金利

住宅資金豆知識

徳島県で自然素材を使ったデザイン住宅を建てるなら『無添加住宅』正規代理店の四国建設です。

 

家づくりのなかで、間取りやお家の仕様など沢山勉強をしているお客様は多いのですが

お金のことや住宅ローンのことをあまりよく理解されている方は少ないです。

35年間の長期にわたって住宅ローンを組むのですが、みなさん月々の支払金額と今の家賃を比較したり

銀行さんや住宅会社の担当者が提案してくれる商品で簡単に選ばれたりします。

決して間違いではないのですが、

大体の皆さんが今まで生きてきた期間と同じ支払い年数の住宅ローンを根拠なく簡単に決めてしまって…。

今日は失敗しない住宅ローンの選び方を簡単に説明します。

 

住宅ローンの月々の支払を決定するのに金利って言葉があります。

大きく分けて3種類の金利があります。【変動金利】【期間固定金利】【全期間固定金利】です。

細かい説明は省略しますが、現在のレート

【変動金利】0.3%~0.4%の金利で経済の状況で上下します。つまり返済金額が上下します。

【期間固定金利】0.75%~1.2%の金利で3年5年10年の期間を選び、その期間の返済額はかわりませんが、その後

 選ぶ金利で返済額が上下します。

【全期間固定金利】1.2%~1.5%の金利で住宅ローンを組んでいる期間、金利は変わらず返済額も同じです。

 ただし、住宅ローンの契約時に融資手数料が他の金利プランより高額です。

 

ここ何年間は長期のローン金利が一番低いと言われており、皆さん10年固定型か全期間固定型で悩まれる方が多いのですが

よくお客様からどちらが得ですか?と質問をうけますが、その時は

「どちらでもなくて」

「変動金利です」と答えています。

一番安い金利だからです。経済が現状とずっと変わらなかったら一番支払い総額が安くなるからです。

でも未来の経済のことなど誰も予想できません。

住宅ローンを選ぶときにお客様に考えて欲しいのは、

住宅ローンは支出の一つなので損得ではなく、35年間を考えて無理のない支払計画で

リスクヘッジをする金利を考えて欲しいです。

〇小さい子供さんがいる家庭なら10年後は教育資金が増えるタイミングで10年固定金利を選びますか?

〇計画的に繰り上げ返済などを考えているのに全期間固定金利を選びますか?

そのご家庭ごとに合っている住宅ローンはそのご家庭ごとに違います。

洋服を買うときにはサイズを見て選ぶように、住宅ローンもご家族の未来を考えて選びます。

その方法は、

ライフプランニングです。

現在、将来の家計の支出入を考えることで、その家庭に合った住宅ローンが選べます。

また、それだけではなく家づくりにかけれる予算も一目でわかります。

一生に一度の大きな買い物である家づくり、ライフプランをして下さい。

四国建設では、資格を持ったファイナンシャルプランナーがいますので、

是非、家づくりをスタートする前にライフプランニングをしてからスタートしましょう。

 

 

 

 

 

pagetop